βグルカンの力で大切なペットとファミリーの健やかな毎日をサポート
AMSBOXの商品はペットビレッジ動物病院藤野洋先生からご推薦を頂いています
当社は「プライバシーマーク」使用の許諾事業者として認定されています
多摩エリアの求人はアムスジョブ
ホームおしらせ
おしらせ
おしらせ:3
2017年10月16日
AMSBOXをいつもご利用頂き、誠にありがとうございます。

在庫表記についてですが、現在入荷予定が未定のものについては「SOLD OUT」表示をさせて頂き、その他の商品につきましては全て「在庫あり」表示をさせて頂いております。

しかしながら、現在一部商品につきましては、誠に申し訳ございませんが「在庫あり」と表示しているにも関わらず、お取り寄せとなる商品がございます。

現在、お取り寄せとなる商品につきましては別表示にて掲載を検討中ですが、サイト制作上の都合で少しお時間を頂いている状況です。

お客様にはご不便をお掛けし、誠に申し訳ございませんが、今しばらくお待ち頂けますようお願い致します。
今後とも、AMSBOXをご利用頂けますよう、お願い申し上げます。

※お取り寄せ商品については概ね10日前後の入荷予定となります


2016年06月13日

弊社は防災食の販売も行っておりますが、近年大きな災害が頻発しており、防災食の世間一般の認知、需要も高まって参りました。



しかし!私は今月入社したばかりなので、漠然としたイメージしか持っていませんでした・・・。

そんな時会社から「一つ持って帰って食べていいよ!」と言われたので、早速家に帰って試してみました。




防災あつあつセット


一食分です。




手順に沿ってオレンジの袋に食材、加熱剤を入れ適量の水を入れます。

かなり熱いです。湯気凄いです。画像で伝えきれないのが残念です。

このまま20分程度待ちます。



20分後・・・

熱々のごはんが火も使わず出来ました!

災害の時にあったかいご飯が食べられるだけで、ありがたいですね!



他にも様々な防災食を販売しておりますので、ぜひ「防災食」ページをご覧ください。


防災丸かじりセット

・電気、ガス、水道が止まっても調理不要の為、そのまますぐに食べられます。

・製造後3年、長期保存が可能です。

・1人3食分相当の防災食をコンパクトに保存でき、手提げ型の為、1人1個と携行にも便利です。

・内容品のほとんどが戦闘食料「ミリメシ」として採用され安全でかつおいしい食品です。

2016年04月18日
みかんに多く含まれているのは、橙色の成分「βクリプトキサンチン」というカロテノイドで、毎日3〜4個食べる人は、ほとんど食べない人に比べて、2型糖尿病や脂質代謝異常症などの生活習慣病の発症リスクが低下するとの事です。

毎日の「みかん」で糖尿病リスクが減少! 生活習慣病の“救世主”は天然色素「カロテノイド」
(ヘルスプレス 配信記事より)

世界中で爆発的に増えている糖尿病。2015年の時点で有病者数は4億1500万人に上り、昨年より2830万人も増加した。
わが国でも2012年の時点で「糖尿病が強く疑われる人」が950万人と推計され、前回調査(2007年)を60万人上回った。さらに「糖尿病の可能性を否定できない人」、つまり予備軍を合わせると約2050万人となり、全人口に対して男性は27.3%、女性は21.8%にものぼる。
実は今、世界的な懸案となっている糖尿病の発症リスクを下げるとして、にわかに注目されている食べ物がある。日本の「みかん」だ。

みかん農家は糖尿病になりにくい?
みかんを毎日3〜4個食べる人は、ほとんど食べない人に比べて、2型糖尿病や脂質代謝異常症などの生活習慣病の発症リスクが低下することがわかった。農研機構果樹研究所と浜松医科大学健康社会医学講座などの研究チームが、3月23日に明らかにしたものだ。
生活習慣病の予防には果物や野菜の摂取が重要であることが、近年の栄養疫学研究では示されている。とりわけ黄色や橙、赤などを示す天然色素である「カロテノイド」が注目を集めているという。
みかんに多く含まれているのは、橙色の成分「βクリプトキサンチン」というカロテノイドだ。
研究チームは、2003年から静岡県浜松市三ヶ日町の住民1073人を対象とした栄養疫学調査「三ヶ日町研究」を行っていた。そして今回、10年間の追跡を終えた910人を対象に、βクリプトキサンチンなどの血中カロテノイド値と生活習慣病リスクとの関連について解析した。
被験者をβクリプトキサンチンの血中濃度により「低」「中」「高」の3群に分けて解析したところ、高濃度群は、低濃度群に比べて2型糖尿病の発症リスクが57%も低かった。また、非アルコール性肝機能異常症のリスクも49%、脂質代謝異常症のリスクも33%低くなっていた。
今回の参加者の多くは、みかん産業に従事しており、血中のβクリプトキサンチン濃度が高い人たちは毎日3〜4個のみかんを食べていることがわかった。それに対して低濃度群は「毎日は食べない」という人たちだった。
(引用終わり)

弊社取り扱い商品も、温州みかんの皮などに含まれる天然ポリフェノール化合物、クリプトキサンチンを含んでおります。
ぜひ、お試しください。

クリプトキサンチン配合・βグルカンPLUS(100g) [フリーズタイプ]
お試しセット クリプトキサンチン含有 βグルカン【フェノメナールCURAプラスII】
クリプトキサンチン配合・フリーズドライ グルカンパウダー(50g)